紹介予定派遣

「雇用の安定」と「優良人材の確保」
マッチング力向上における両ニーズのランディングポイント形成

派遣社員として一定の雇用期間を設けることで求職者の能力・スキルをはっきりと見定めることができ、企業様と求職者双方が合意した場合には直接雇用へと切り替えられるサービスです。
※期間は職種を問わず最長6ヶ月
不況の波、失業率の高さから求職者は必然的に雇用の安定を求めます。しかし、企業側も安易に直接雇用に踏み切ることはできません。例え能力やスキルが秀でていたとしても、応募者の協調性や正確性といった内面的な部分はそれ以上に見極めなければなりません。
求職者と企業、双方のニーズのランディングポイント(着地点)を生み出すサービスを展開いたします。

紹介予定派遣サービスの特徴

1.事前段階での特定行為が可能
法律上、派遣においては派遣スタッフの個人情報を企業側が求めることは禁止されています。
しかし、紹介予定派遣では正社員雇用が前提となっているため、就業前に履歴書の閲覧及び事前面接を行うことができます。
実際に現場へ入る前に自分の目で派遣スタッフを確認することは、採用する側にとっての安心感を生み出します。
2.採用ミスマッチの軽減
派遣期間中には履歴書だけでは見えない求職者の能力や適性といった部分を見定めることができます。
その後、求職者本人との条件が一致すれば、派遣期間終了後に直接雇用することが可能。こうしたミスマッチを減らしながらの採用活動を行うことは、企業内へ適材適所な配属を生み出し、結果として人材の定着率向上へもつながります。
3.採用業務負担・コストの削減
直接雇用へと踏み切る前に人材をじっくりと見極められることは、採用活動における全体的な時間的コストの大幅カットを実現させます。無駄なコストを省きながらも高レベルな人材確保が可能となることによって、効率のよい採用活動を行うことが出来ます。

人材紹介サービスご利用の流れ

1ご依頼・
ヒアリング

まずは弊社にご連絡ください。
その後、営業担当者が貴社を訪問させていただき、求人内容の詳細をヒアリングさせていただきます。

2人選・
ご提案

求人条件に合った人材のマッチングを開始いたします。
ヒアリング内容以外にも人物面なども考慮しながら、貴社の求人案件を満たしているかを弊社でチェックし、候補者を選出いたします。

▼自社採用時にかかるコスト
求人票・求人広告作成、募集・受付、
面接管理、不採用通知作成・発行

3紹介予定
派遣スタート

派遣期間は最長6ヶ月です。このあいだは派遣スタッフにとっては自分に合う職場かどうかを確認する期間、
貴社にとっては人材を見極めていただく期間となります。

▼自社採用時にかかるコスト
派遣期間中の雇用調整

4派遣期間
の終了

今後、直接雇用として採用するのかどうか、最終的なご判断をしていただきます。双方合意であれば直接雇用へ切り替えとなります。

5正式採用
~入社

直接雇用へ切り替えとなりましたら、人材紹介料をご請求させていただきます。雇用が不成立となった場合は、改めて別の人材をご提案させていただきます。

今後の紹介予定派遣サービスに求められること

■正のスパイラル形成

「直接雇用したい人材」これをもう少し詳しく掘り下げていくと、企業競争力の核となる人物、コア業務を任せられる人物などが浮かび上がります。
それはつまり、各企業におけるニーズに限りなく近い人材ということになります。紹介予定派遣は企業と求職者の間で双方の合意がないと成立しません。綜合キャリアオプションではこの双方間のマッチングを高め、企業ニーズを埋め合わせていく仕組みを展開しています。
具体的には、登録時における業種・業態・希望条件を踏まえたセグメント分けや実スキルのチェック、及びカウンセリングなどを実施。これらを通じてマッチングを高めていく仕組みの構築、同時に採用期間の短縮から採用コストのさらなる削減を実現させ、双方間で生み出す正のスパイラル形成へと繋げていきます。

導入事例

会社概要
【会社概要】 大手食品会社
【資本金】200億円
【事業内容】食品及び材料の加工、製造、販売
【従業員数】2000人
導入背景
正社員の退職による人員不足
導入理由
一般公募ではなかなか求める人材が集まらなかった
導入効果/今後の課題
数多く登録している中からなので、経理経験者も見つかりやすく、採用コストを抑えることができた。
経験者なので即戦力として利用でき、双方合意のうえで直接雇用することができた。
採用評価基準の確立をし、求職者との条件不一致を防ぐ。

ご依頼・お問合せはこちら

  • 最寄店舗一覧 お急ぎで人材をお探しの方は
    直接各店舗までご相談ください。
  • メールでご依頼 サービスのご依頼やご相談、
    各種お問い合わせはこちら。