製造派遣

様々なニーズに対応するサービス力。構築から実運用までをトータルサポート

工場内での人員対応をはじめ、運用面における適切な導入計画のプランニングまで、お客様のニーズに合った人材採用計画をご提案させていただきます。お客様のコンプライアンスをしっかりと踏まえた上で弊社でのこれまでの様々な事例を交えながら、運用プラン構築から実運用・メンテナンスまで、的確にカスタマイズ提案いたします。
また、新ラインの立ち上げに伴う必要人員の確保など、突発的な追加増産における問題に対しても迅速且つ適正に対応できますので、お客様の製造計画にあわせた柔軟な対応が可能です。あわせて就業開始後のアフターサービスにも対応。働くスタッフさんへの良きアドバイザーとして継続的にサポートし、定着率のUPからさらにその先の生産力UPへと繋げて参ります。

製造派遣サービスの特徴

1.繁閑に合わせた人員対応
モノ作りの現場において繁忙期や閑散期の波、さらにはその時々の世情の流れによって生産力が左右されるのは避けられない問題。
「必要な人材を必要なときに必要なだけ揃えたい」そんな現場の声に対応し、臨機応変な人員対応が可能です。
2.運用プランニングの適切化
「繁忙期に備えて増員、閑散期に差し掛かってきたら縮小」従来のような人員対応では、一時的な処置は施せても中長期的ビジョンでは困難です。これまで数多くの現場を運営してきた経験を基に、人材提案だけに留まらず、導入後の運用まで適正なソリューションプランを、お客様のコンプライアンスに沿ってご提案させていただきます。
3.充実のアフターフォロー
人員対応が完了し運用面でもクリアの見通し…しかし、そこで終わりではありません。
実運用がスタートしてからもニーズは絶えず生まれ続けます。
その為にもまずは、働くスタッフさんの良きアドバイザーとして、就業後も引き続きサポート。
定期的なアフターフォローで定着率のUPを生み出し、高い運用基準で生産ラインを保つことが出来ます。

製造派遣ご利用の流れ

1ご依頼・
ヒアリング

まずは弊社にご連絡ください。
その後、営業担当者が貴社を訪問させていただき、求人内容の詳細をヒアリングさせていただきます。

2業務の
事前確認

設備状態や生産体制など、貴社のモノづくりの現場環境を事前に調査・把握させていただき、導入予測や課題の抽出などを行います。

3人選

求人条件に合った人材の吸引及びマッチングを行います。
ヒアリング内容以外にも人物面なども考慮しながら、貴社の求人条件を満たしているかを弊社でチェックし、候補者を選出いたします。

▼自社採用時にかかるコスト
求人票・求人広告作成、募集・受付、
面接管理、不採用通知作成・発行

4事前教育

現場で安全を保つための教育はもちろん、ビジネスマナーや心構えといった労働に従事するための基本的な部分も弊社にて事前に教育を施します。

▼自社採用時にかかるコスト
就業マナー教育

5業務
スタート

抵触日の確認や基本契約の締結などを経て、業務がスタートとなります。

▼自社採用時にかかるコスト
入社書類の作成・発行

6サポート
フォロー

就業後もスタッフフォローや人員調整などにおいて引き続きサポートさせていただきます。

▼自社採用時にかかるコスト
カウンセリング、勤怠管理、退職手続き

製造派遣の現状と今後

製造請負が「偽装請負」として社会的に糾弾され、その後、製造派遣が追認されたものの、既に世間の批判の目線(鉾先)は「請負」か「派遣」といった、その作業の外注化に際する「契約の手続形式」や「作業形態の外形的基準への適合率」について向けられているのではありません。
改正パートタイム労働法施行により、企業は自社内に於ける(正規)非正規社員への調整とは別に、「請負社員」に対してであれ「派遣社員」に対してであれ、「外注社員の固定化」によって、「職能向上や賃金条件の向上の努力機会」を奪おうとしていることへと変わっていることに気づかなければなりません。
人口減少社会は近い将来のことではなく、製造業に向かおうとする労働者数は激減の途をたどるばかりであります。
国内企業がその経済成長を維持する為には、社会全体の枠組みの中で、若年労働者を中心とする「人的資本」を高める努力義務があるということを認識し、対応していく必要があります。

導入事例

会社概要
【会社概要】 自動車業界大手企業の部品下請けメーカー
【資本金】5億円
【事業内容】電子部品の開発・設計・生産
【従業員数】1000人
導入背景
自動車の輸出量が増加し、部品の生産量の増加に伴い、工場ラインを再稼働。
導入理由
自社で一から募集し、採用している時間がないため、外部から求める人材を確保したい。外部人材を活用し、人件費の変動費化を行うことで、拡販業務の人員増加に伴うリスクをできる限り最小限に抑えたい。
導入効果/今後の課題
経費を固定費化することなく、必要な期間、必要な人員を提供可能。また、リスクヘッジと経費の変動費化を同時に実現した。
人的資質・スキルを見極め、リーダー候補を育成し、より生産性の高い人材を活用したい。

ご依頼・お問合せはこちら

  • 最寄店舗一覧 お急ぎで人材をお探しの方は
    直接各店舗までご相談ください。
  • メールでご依頼 サービスのご依頼やご相談、
    各種お問い合わせはこちら。